修理ビフォーアフター

ハンドルつけ根が切れた

ハンドル右側つけ根が切れてしまったお修理依頼になります。
BEFORE
状態が良いので持ち手交換しなくても補強でお直し致します。
AFTER
つけ根の切れたところに芯材を入れてつなぎ合わせます。
この作業が仕上がりの良し悪しを決定します。

切れていた部分の革を元の位置まで入れ込み
しっかりと貼り合わせています。
そしてステッチがズレないよう元の針穴へ
丁寧に縫い合わせていきます。
お修理の出来上がりです。

これからも長く使用していただけるよう
しっかり補強していますので安心です。

▲ページのトップに戻る