修理ビフォーアフター

ショルダーの革が切れた

ショルダー本体側のつけ根の革が切れた
BEFORE
お客様が切れた箇所を瞬間ボンドで接着されていました。
瞬間ボンドをつけた箇所はガチガチに固まっています。

ミシン目が固まってしまうと大変です。
そこへ針を通すことが出来ない、通せたとしても素材がひび割れてしまってミシンで縫うことが出来なくなります。

作業前にできる限りボンド処理して対応致しますが、
元の状態に戻せるかは作業をしてみないと分らないです。
AFTER
それでも何とか元の状態に戻すことができました。

どうしてもの場合は革を一回り大きく作成するなど
修理方法はいくつかありますが、
そうすることでブランド品としての商品価値を下げてしまいます。

そういうことはあまり提案したくないので
瞬間ボンドはバッグには使用しないで欲しいですね・・・

▲ページのトップに戻る